上位表示する為のキーワード

SEO対策を行ってサイト改善をすれば、検索エンジンでの順位は確実に上がって行きます。しかし、競合他社が多くあるような場合には、膨大な検索結果の中でいかに自サイトを目立たせるか、そして上位表示させるかという事がポイントになって来ます。一端上位に上がってもすぐに順位が下がってしまうようでは、自サイトへのユーザーの流入数は増えないからです。

検索結果の画面で上位表示させるためには、やはり検索ボリュームの高いキーワードを利用するのが基本です。ですが、検索ボリュームが高いだけでは、そのキーワードが必ずしも人目を引くとは限りません。他サイトでも似たようなフレーズを使用していれば競合性が高くなり、自サイトはどうしてもその中に埋もれがちになってしまいます。すなわち、他とは違う魅力的な言葉を使ってユーザーの心理に働きかける必要があるのです。
クリック率やコンバージョン率のアップに繋げるためには、難易度の低い語句やフレーズを使う、キーワードのずらしを行うといった対策を立てなくてはいけません。また、関連性の高いキーワードを複数埋め込んで行く、ロングテールキーワードというやり方もあります。

検索エンジンを利用するユーザーは、特定の単語の意味を調べたいというよりも、それがどんな情報とつながっているのかという事を知りたいという傾向があります。ですから、単一の語句やフレーズに絞って訪問者を集めるよりは、もっと詳しい状況を連想させる複合的なテキストを使えば、より興味をひきやすい訳です。ロングテールキーワードはこのような場合に有効です。
キーワードのずらしについては、特定の話題をそのまま使うのではなく、その事によって得られる結果や解説を複合的なテキストとして使う方法です。例としてダイエットについて調べているのであれば、ダイエットにかかる期間や場所、その効果に関連性のあるキーワードを複数使用すれば、よりユーザーの注目を集める事が出来ます。

商品の購入につながりやすいキーワードはCVとも呼ばれ、SEOツールを利用して調べる事も可能です。CVキーワードとしては、ユーザーがあまり使わないような語句やフレーズ、すなわち難易度の高いものはなるべく避けるようにした方が良いでしょう。難易度が低く競合性も低い、なおかつユーザーにとって魅力が感じられるような語句・フレーズを使っていけば、サイトへの流入数や商品の購入による収入は自ずと増えて行くことでしょう。

サイト内検索
人気記事一覧