新規ドメインでサイト運用をするメリット・デメリットについて

PCのアイコン

中古ドメインではなく新規ドメインでサイト運用を行う事には何か問題があるのでしょうか。これは即座にそうだと言う事は出来ません。中には新規ドメインを使ってサイト運用をしたほうが有利な場合もあります。中古ドメインを使うか新規ドメインを使うかは、ケースバイケースで考えた方が良いでしょう。

新規ドメインを使う際のデメリットとしてよく言われるのが、エンジングフィルターと呼ばれる物です。これは、せっかくSEO対策をしてサイトが順位上昇したのに、短期間でまた急速に順位低下してしまう事を言います。実は、エンジングフィルターという物自体はGoogleには存在しません。ですが、検索エンジンのアルゴリズムによってこのような事はしばしば起こります。
エンジングフィルターを避ける明確な方法はなく、長期的な視野に立って徐々にサイトの価値を高めて行くしかありません。サイト運用を始めた初期にはコンテンツの内容も変化しやすいです。そのため、サイト全体をトータルな視点から見た場合、検索エンジンの総合的な評価も変動しやすくなるのだと考えておくと良いでしょう。
新規ドメインを使う場合、コスト的には中古ドメインよりも安く済ませられる事が多く、またサイトの内容に合ったドメインを取得出来るという魅力もあります。ですが、検索エンジンでの順位上昇を狙うためには中古ドメインを利用する場合よりも長い期間がかかると言えます。

新規ドメインを利用する際の一番のメリットは、やはりサイトのブランド戦略に役立てられるという点でしょう。コンテンツの内容にマッチしたドメイン名であればユーザーも記憶しやすく、またサイトを訪問した際に違和感を覚えません。長期的にユーザーを獲得出来る見通しが立っているのであれば、中古ドメインを使って短期間に集客するよりも、腰を据えて新規ドメインを使った方が良い訳です。
すなわち、新規ドメインを使う事は、コスト面で有利な他、サイトの将来性や信頼度に関わって来る問題でもあります。すでに独自のブランドを持っている場合には、それに合わせたネーミングのドメインを取得した方が良いですし、ユーザーも利用しやすくなると言えます。

まとめると、短期間に集客を行ってSEOで有利なスタートを切りたい場合には中古ドメイン、じっくりと構えてサイトの将来性やブランディング戦略を重視したい時には、新規ドメインを使って信頼性や利便性を高めて行くのが良いと言う事が出来ます。

サイト内検索
人気記事一覧