被リンクがサイトに与える影響について

インターネットのアイコン

被リンクがSEOに効果的だという事を知っている人は多いでしょう。当然、リンクの数が多ければそれだけ多数の人が自サイトのコンテンツの事を知っている事になりますし、訪問者数も増えていきます。しかし、SEOとしての効果はそれだけではありません。それにはリンクポピュラリティという考え方が関係しています。
リンクポピュラリティというのは、検索エンジンのGoogleが使い始めた言葉で、ウェブサイトへのリンクが一種の人気投票であるという考え方の事です。すなわち、被リンクの数が多いサイトはそれだけ多くのユーザーから信頼されている証だと、Googleが考えている事になります。
このリンクの中には、サイト内にあるリンク、すなわち内部リンクは含まれていません。検索エンジンが評価の対象としているのは、他のウェブページからのリンク、つまり外部リンクのみになります。外部リンクの数が多ければ多いほど、検索エンジンの評価も自動的に高まる仕組みになっています。
しかし、被リンクの数は多ければ多いほど良いという訳ではりません。と言うのは、Googleではリンクの数だけでなく質も重視しているからです。例えば、お金を支払ってリンク集からリンクを張ってもらうようなやり方、いわゆる有料リンクはペナルティの対象になります。
一端ペナルティを受けてしまうと、サーチエンジンの検索画面に全く表示されなくなる等の重い罰則が適用されてしまうため、十分に気を付けなくてはいけません。ペナルティを受けやすいのは、全くテーマの異なるコンテンツからリンクされているケースや、似通ったドメインからのリンクが集中している場合など、不自然さが見られる時です。
ですから、被リンクを利用して検索エンジンでの順位を上げて行くためには、関連性の高いテーマを扱っているサイトや、信用度の高いサイトからのリンクを集めていく必要があります。こうした被リンクであれば、検索エンジンは不自然なリンクだと判定する事はありません。

SEO対策をする場合、コンテンツの質を高める事が何よりも重要だとよく言われています。しかし、せっかく良いコンテンツを作っても、誰もその存在を知らないようでは、検索エンジンにも評価してもらう事は出来ません。リンクポピュラリティの考え方を理解して、多くの人が知っているサイトは検索エンジンでの順位もまた高くなりやすい、という事を覚えておくと良いでしょう。

サイト内検索
人気記事一覧