SEOによるマーケティング効果

PCを操作する手

SEO対策をする事によって検索エンジンの検索結果で上位表示が可能になるという事は、誰もが知るところです。しかし、マーケティングの面でSEOを考えた場合にはどうなのでしょうか。結論から言うと、これは集客効果やビジネスの改善という点でも大いに役に立つと言えます。
なぜかと言うと、SEO対策をする際には様々なツール類を活用する事が出来、それをユーザー動向の分析や流入傾向の調査に利用する事が出来るからです。こうしたツール類にはオンラインで利用出来るサービスや、PC上にダウンロードして使うもの等が存在します。どれも、ページごとの利用者数が調べられたり、流入キーワードまで調べられるという便利なツールです。

例えば流入キーワードを調べられるツールであれば、ユーザーがどんな情報を欲してサイトにやって来たのかと言う事が分かります。それを利用して商品のラインナップを変えて行けば、訪問者数が増えるだけでなく、実際に商品を購入してもらえる確率、コンバージョン率も上がって行きます。
また、検索結果の画面では上位表示されていても、思ったようにユーザーが訪れてくれない場合もあります。その際は、ユーザーがクリックしやすいキーワードをタイトルや紹介文に埋め込む事で、ページビュー数を増やせるようになります。こうした分析は、ただ検索エンジンの順位だけを見ていても把握する事は出来ません。

すなわち、検索エンジン向けにウェブサイトの最適化を行うという事は、生身のユーザーにとっても自サイトで提供しているサービスや情報を知ってもらう良いきっかけになる訳です。インターネットで行うビジネスは顔の見えないビジネスだとよく言われますが、こうしたツール類を使えばそれが可視化出来るようになります。
しかし、逆に言えばSEO対策はビジネスを成功させる上での手法の一つに過ぎないとも言えます。いくらサイトを検索エンジン向けに最適化しても、ユーザーが魅力を感じなければ、訪問者や収入は増えて行きません。SEO対策自体によってというよりも、SEO対策とマーケティングを合わせて行う事で、相乗的に効果が上がって行くというのが正解だと言えます。

マーケティングに活用出来るSEOツールとしては、キーワード調査ツールやアクセス解析ツール等多くの種類があります。それぞれに使用目的は異なって来るので、使い方や目的をよく覚える必要があります。また、単にツール類を使いこなすだけではコンバージョン率はアップしないので、ユーザーの心理やトレンドをいち早くつかんでサイト改善に活かして行くという事も大切です。

サイト内検索
人気記事一覧